育児の悩み

 
 育児は女性にとって人生の大部分を占めるもので、子どもを育てるということはとても大切なこと、しかし、とても大変なことでもあります。
 そして、出産するまでは赤ちゃんは可愛らしくていつもニコニコしているもの、、、と思っていたのに産んでみたら大違い、と思われた方も少なくないのではないでしょうか。

 
 赤ちゃんは、なかなか思うように育ちません。生まれたばかりの頃は、泣いているか、寝ているか、おっぱい飲んでいるかのいずれかくらいしかありませんが、ベッドに置いたら泣いてしまう、何で泣いているのかわからない等、産んだとたんにお母さんは困ってしまうことばかり。
 どうしてこんな小さな赤ちゃんに大の大人が振り回されるの?と思うくらい、ぐずって泣いている赤ちゃんにはかないません。

 


 

 そして、少し大きくなってからは、イヤイヤしたり、自分で何でもやりたがったり、だんだんと親の言うことを聞かなくなるようになり、多くのお母さんはイライラして怒鳴ってしまったり手が出てしまう時もあるのです。

 
 でも、後になって何であんなに怒ってしまったのだろう、なんで叩いてしまったのだろう、と後悔することの繰り返し。イライラしては後悔、怒ってしまって後で後悔。本当にこれの繰り返しで疲れ切っているお母さん。育児相談では、「辛くて涙が出てしまう。」「育児ノイローゼになりそう。」という声もたくさん聞こえてきます。

 


 

 このように、できればいつも笑顔で子どもに接していたいけれど、なかなか出来ないことが多いと悩むお母さんたち。
 
 Counseling room Flowerでは、そんな育児に悩むお母さんの声も親身になってお聴きします。一人で赤ちゃんを抱えて泣きそうになっているお母さん、どうぞ一人で悩まないで相談してみましょう。
 


 

 心理学では、人生の設計図は3歳までにできてしまうと言われているほど、幼少期の親との関係は子どもにとって重要なことなのです。
 
 また、もっと大きくなってからの心の成長もとても大切です。お子様のことで心に悩みを抱えている方は、どのようなことでもご相談ください。