【花菖蒲】嬉しい知らせ・伝言・信頼・優しい心・あなたを信じる・優雅

 
今日のお花は、『花菖蒲』
 

 
 
花言葉は、
『嬉しい知らせ』『伝言』『信頼』『優しい心』
『あなたを信じる』『優雅』
など。
 
 

 
 

新緑の季節になると、菖蒲の花が見られるようになりますね。でも、実は、私は「花菖蒲」と「あやめ」の区別がつきません。まぁ、優雅で美しい花だから、どちらだとしてもいいかとか思ってしまいます。笑  
  
 そんな優雅で美しい花菖蒲の花言葉も、とても優雅でいいですね。『嬉しい知らせ』って、この言葉だけをきいただけでもワクワクする気分になりませんか?誰かがどこからか嬉しい知らせを運んできてくれる。想像しただけで嬉しくなります。
 
 
 私は、『嬉しい知らせ』と聞くといつも思い出すのは、私の今までの人生の中で『一番嬉しかった知らせ』のことです。
 それは、もう数十年も前になりますが、受験した航空会社からのスチュワーデス試験合格通知でした。今まで生きてきた人生では後にも先にも、まだあの時の喜びの感情以上の喜びの気持ちを感じたことはありません。 (ということは、結婚の時もスチュワーデス合格より喜びが少なかったのだと今さら気付きます。笑)
 

 当時は、インターネットなどありませんから、合格通知も不合格通知も郵便で届きます。不合格通知は、それはそれはたくさん届き、そのたびに伏せて寝込むくらいのショックを受けていた私です。
 でも、スチュワーデス試験を受け続けて約2年弱。その喜びの合格通知は私の元にやっと届いたのでした。それもちょうど今頃の季節、よく晴れた5月の日曜日でした。
 

 その日のことは、今でも鮮明に覚えています。当時住んでいたボロアパート(大家さんごめんなさい!)の郵便受けに航空会社からの郵便が入っていて、それをドキドキしながら開けたら、『合格』の二文字が目に飛び込んできたんです。
 

 その時の嬉しさ、興奮、感動の気持ちと言ったら、もう本当に天にも昇るような気分でした。ちょうど買い物に行こうと部屋を出たところだったのですが、その合格通知を見てからの数時間内の私は、本当に宙に浮いていたと思います。買い物に行く足取りはフワフワと軽く、全身から♪マークが出ているようなスキップをして外を歩いていたと思います。
 

 あの時の私は、きっと体中に喜び物質ドーパミンが出ていましたね。それほど興奮して嬉しくてたまらなかった私にとっての『嬉しい知らせ』でした。本当に今思い出しても興奮して、こんなに書いてしまうほど私にとっては嬉しい出来事でした。
 

 そして、『あなたを信じる』もいい花言葉ですね。信じるって大切です。人を信じることも大事ですが、自分を信じることは、もっと大事です。自分を信じて、夢や希望は必ず叶う!と思うと本当にそれは叶うんですね。ですから、まずは自分を信じましょう。そして、家族を信じる。子どもを信じる。そう考えられるようになるといろいろなことが全てうまく回るようになります。
 

 花菖蒲の花言葉は、とてもたくさんのいいことを思い出させてくれるものですね。だから、『優しい心』『信頼』という花言葉もあるのですね。
 

 風薫る5月。花菖蒲を見かけたら、きっと嬉しい知らせが来るメッセージです。あなたにもきっといい知らせが。。。楽しみに待っていましょうね。