NLP(神経言語プログラミング)とは?

  
 NLPとは、Neuro Linguistic Programmingの略で、日本語では神経言語プログラミングと訳されています。このNLPは、1970年代にアメリカのカリフォルニア大学にてリチャード・パンドラー博士とジョン・グリンダー博士によって開発されたもので、実践で使える心理学であり別名「脳の使用説明書」とも呼ばれています。

 1970年代当時、セラピーやカウンセリングの分野で非常に有名だった催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、家族療法バージニア・サティアを分析・研究したことからNLPの創造が始まりました。

 現代では心理学だけにとどまらず、コミュニケーションスキルの向上や、相手の行動や思考のパターンを読み取り、効果的な働きかけができる技法などがビジネスやセールスにも生かされるなど、実践心理学のNLPは今も発展を続けています。

 このように、NLPは実生活において実際に使える心理学であり、心の動きや人の脳の特徴を理解して人生をより豊かにするためのコミュニケーションスキルが身に付けられるようになるもので、とても簡単に言うと、自分が望ましい姿になるため、うまくいかないものをうまくいくようにするための心理学なのです。

 また、プレゼンテーションやスポーツ選手のトレーニングにもNLPの要素は多く使われており、テニスのアンドレ・アガシ選手や元アメリカ大統領のビル・クリントン氏、オバマ大統領らがNLPを取り入れているのは有名な話です。