TA(交流分析)とは?

 TAとは、Transactional Analysisの略で、日本語では「交流分析」と訳されています。アメリカのエリックバーン博士(1940~1970)が開発した新しい臨床心理学の分析システムのことで、自己成長のために作られたものです。

 この交流分析は、もともとはその人がどのように育ってきたかという育成歴が分かるものでしたが、自分自身ではあまり気付いていない自分について科学的に分析ができる方法としても、最近は日本でもよく知られるようになってきました。

 また、本来自分が持っている能力や可能性に気付き、素晴らしい要素は伸ばすと同時にうまくいっていないところを改善したり、より望ましいものに変えていくことができるツールとして教育研修等に取り入れる企業も多くなってきました。

 つまり、よりよい自分になるための自分を知る方法がTA(交流分析)なのです。人間関係で他人と関わって嫌な思いをすることも多いですが、TAを利用して自分を理解することで、他人との上手な関わり方も知ることができるのです。

 他人を変えることは不可能に近いですが、自分の性格を改めて理解することで他人ともうまく関われるようになっていくのです。

 そして、自分を変えたい!もっといい人生にしたい!と思っている人は、まずは、自分を知ることから。自分がどのような性格を持っているかを認識して、これからの人生をより良いものにしていきましょう。
  
34c34736ae13d67df79efcd1ca604249_s